お知らせ
    多色なカプセルの椀

    高血圧治療のために処方される降圧剤は、主に6種類あります。
    どの治療薬が処方されるかは、その人の健康状態に合わせて医師によって選ばれます。
    ただし服用を開始してから、その人に合わなかったと言うこともあり得ることです。
    その場合は、別の薬に変更されます。
    ですから異変を感じた場合などは、速やかに医師に相談するようにして下さい。
    6種類の降圧剤を詳細に紹介してくと、まずは利尿剤です。
    これは余分な水分が増えることによって血液量が増加し、それを原因として血圧が上昇することに着目した降圧剤です。
    これを服用することによって尿量が増える、またはその回数が多くなるため、余分な水分が排出されるようになり血圧が下がる効果が期待できます。
    また心臓から全身に血液が送り出される際に、特に血管には負担がかかります。
    ですから、その心臓のポンプ作用を穏やかにすることで降圧作用をもたらす薬としては、β遮断薬と呼ばれるものがあります。
    また心臓から全身に血液が送り出される際には、血管が収縮します。
    そのため、その収縮を抑制することで降圧作用をもたらす薬として、α遮断薬が挙げられます。
    血管の収縮を抑制するだけではなく、血管を拡張させることで血管に対する負担を軽減することを目的とした降圧剤としては、ニフェジピンなどのカルシウム拮抗薬があります。
    ニフェジピンについて調べると、これはその成分上、グレープフルーツなどの柑橘系の果汁と同時に摂取するのは避けるべきとされています。
    そして残るふたつは、血管を収縮させる作用のあるアンジオテンシンIIと呼ばれる物質が受容体に入り込むのを防ぐ作用を持ったアンジオテンシンII受容体拮抗薬と、アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに変換する作用を持った特定酵素を抑制するACE阻害薬があります。
    これらはまた、糖尿病性腎症の治療にも効果があるとされています。
    また、他にもテノーミンやバルサルタンなどの降圧剤があります。
    バルサルタンは効果に持続性があるため服用回数も1日1回で良く、また副作用も少ないため安心して服用できます。
    血圧をコントロールさせる薬は種類が多くありますので、自分に合ったものを選びましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索
        人気記事一覧