降圧剤と併用禁忌薬

薬を飲む男性

高血圧症の患者に処方される降圧剤には、Ca拮抗薬、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬、α遮断薬などが存在し、症状や患者の状態によって選択されます。
例えば狭心症を合併した患者にはCa拮抗薬かβ遮断薬が第一選択とされ、喘息を患っていればβ遮断薬は禁忌となるため除外されます。
降圧剤には体内で血圧を抑制する効果がある反面、他の薬との飲み合わせで血圧を乱して症状が悪化するなどの危険もあるので、併用するには注意が必要です。
非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用をもたらす薬は、市販されている頭痛薬などにも広く使われていますが、水やナトリウムの排泄を促進する物質の生成を抑え体液量が増えるため、血圧は上昇する傾向にあります。
健常な人では大きな影響は受けませんが、利尿薬、β遮断薬、ACE阻害薬と併用すると、適切にコントロールされるべき血圧が狂ってしまい、逆に高くなってしまうことがあります。
ヒスタミンH2受容体拮抗薬と呼ばれる胃酸分泌を抑える薬も市販されている胃腸薬に広く普及しており、Ca拮抗薬、β遮断薬と一緒に服用すると、降圧効果が増幅されて血圧が下がりすぎるという結果になります。
その他にも薬とは違いますが、Ca拮抗薬とグレープフルーツは相性が悪く、同時に服用すると血中濃度が上昇して効果が増幅されると言われています。
降圧剤には血圧を下げるために体内の様々な場所に作用を及ぼしていますが、それを阻害したり促進させてしまう薬を服用すると危険なため、自己判断で他の薬を服用するのは良くないことです。
飲み合わせによってどんな効果をもたらすかは、素人では判断できないので、少しでも不安なことがあったら、必ず医師に相談するようにしましょう。

関連記事